スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口の筋肉

Kazさんは英語を話す時、口の筋肉をぬいて、だら~んとするっといっているが、言葉での表現のため自分が想像している感覚と違いが少しあるかも。自分が口の力を抜くと、ムスッとしたおばちゃんのように口がへの字になる。
ただ、最近練習していて思うのが、口の力はかなり抜けているが、口の両サイドあたりに若干力が入ってへの字ではなく、「一」の字かあるいは少しニコッと笑顔の感じのほうがスムーズに言葉をつなげられる感じがしている。
↓のKazさんの口を観察してもへの字でムスッとした感じはしない。なので、Kazさんが口の筋肉をだらーんとするってのは実はほんの少し(への字を「一」の字くらいになるくらい)の力は入っているのかも。このあたりはもう少し練習していくうちに感覚を理解していきたい。
ただ、喉発音のトレーニングをしているのに、口を観察する時点で、そもそもダメなのかもしれない。。。

英語喉 弁当BOX素材読みましょう
http://www.youtube.com/watch?v=piNwNI5yVik

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。