スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ビートでの課題

前回の記事のように最近は3ビートを意識して練習しているが、その中で自分自身の気づきをメモ。

nの発音が口発音になる傾向が強い。というか口よりさらに上で鼻発音?みたいな時がある。このせいでnが妙に高い音になって、日本人発音っぽさをさらに強調してしまう。
例: in a rolling, in fact, syndrome, civilization, meanwhile

tlyの発音が音を飲み込むような感じtの発音が正しくできていない時がある。ゆっくりと発音すると大丈夫だけど、少し早く発音するとこの傾向が出てくる。(これはKazさんの2004年?かの音声が出てきたのを2011年のKazさんが添削している音声で触れられていた気がする。)
例: instantly unfortunately, correctly, accidentally

最後のこれが厄介。かなり苦戦中。。
「d + th」, 「d + t」 dで終わる単語とthあるいはtで始まる単語をつなげて発音するときに3ビートがうまくできない。音がうまくつながらない。 どうしても切れてしまう。。このパターンの発音方法って何かあるのかな?
英語喉の本を確認してみたところ、一文だけ一致する文章をみつけた。P225の"Have you traveled to Japan before?"音声を聞いた感じだと、edがtoにくっついた感じであまり聞こえなかったけど、そんな感じなのかなぁ。Kazさんが最近ポッドキャストの準備中で音声をアップしているのでそこらへんから少し、ヒントを探してみようと思う。
例:triggered the alert, flattened them, called to their, made the force, tumbled to the jungle, around them, called the Omnidroid, abroad the rocket, watched take off, freed the other, raced to, he recognized the voices, I'll send them, she told the kids, standing outside the cave

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。