スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喉発音の位置を下げる≠声が低くなる

先日、Kazさんから音声コメント頂きました。
いくつか指摘ポイントを頂いたが、その中の一つが喉発音の位置をもう少し下げて(5mmほど)明瞭性をだすということだった。
自分の中では結構低い位置で発声してたつもりだったので、「げっ?今より更に下げるの?結構難しいなぁ」というのが第一印象だった。
これ以上低い声で発声するのは無理だと思っていたからだ。
しかし、頂いた音声コメントをもとに練習するにつれて、喉発音の位置を低くするとか、喉を大きく開くという感覚、コツが少しづつわかったきた気がする。これまでは、

喉発音の位置を低くする=声が低くなる

と思っていた。
で今思うのが喉発音の位置を下げるというのは必ずしも声が低くなる訳では無いような気がした。もちろん口発音の時に比べると確実に声は低くなるなっているけど前回の音声アップの時と比べると声の高さはほぼ同じか若干高くなってる気がする。
それと引き換えなのかはまだよくわからないが明瞭性が少し増した気がする。
もう少し練習を続けてみようと思う。
スポンサーサイト

押し潰したような喉発音

喉発音を練習している方の音声にKazさんがコメントしていた。
まだ喉発音ができていなく、声を上から下へ押し殺すように出しているという内容。

http://estat.us/wordpress/?p=1172

説明している内容自体は理解できたが、体が理解できていない。。
Kazさんがコメントしている音声を聞いたけど、喉発音できている声と、声を押し殺すような声の違いが正直区別できない。
これまで少しゲップエリアで喉発音できるようになってきたかも、と思っていたが、もしかしたらまだ全然喉発音が出来ていない可能性がある。

声を押し潰している、あるいはただ声を低くして発生しているだけで喉発音自体ができていないのかも。。。
今の練習が間違っているのか確認する必要がありそう。もし、まちがっているなら、喉発音マスターのため軌道修正する必要があるなぁ。。ヒントというかコツをつかんで、今の状態から一歩先に抜け出したい。
とりあえず記録として、こういう行き詰っている感がある時期の音声を初アップ。



ルート音のシャドーイング

英語のラジオなどのシャドーイングについてだけど、完全にシャドーイングするのでなく、ルート音をまねしてシャドーイングするという記事を数週間前にKazさんが書いていた。
早速、軽い気持ちでやってみたけど、ウォーミングアップというか、喉発音の練習前にやると練習がしやすくなる。(部活のはじめにやる、軽いランニングやストレッチみたい) 1日のほとんどが口発音しているのでルート音シャドーイングをすると、発声が通常より喉の低い位置に落ちていって、かつ、比較的、声が途中で切れないようになる。

喉発音トレーニング前にこのウォーミングアップを習慣づけて様子をみてみる。

口の筋肉

Kazさんは英語を話す時、口の筋肉をぬいて、だら~んとするっといっているが、言葉での表現のため自分が想像している感覚と違いが少しあるかも。自分が口の力を抜くと、ムスッとしたおばちゃんのように口がへの字になる。
ただ、最近練習していて思うのが、口の力はかなり抜けているが、口の両サイドあたりに若干力が入ってへの字ではなく、「一」の字かあるいは少しニコッと笑顔の感じのほうがスムーズに言葉をつなげられる感じがしている。
↓のKazさんの口を観察してもへの字でムスッとした感じはしない。なので、Kazさんが口の筋肉をだらーんとするってのは実はほんの少し(への字を「一」の字くらいになるくらい)の力は入っているのかも。このあたりはもう少し練習していくうちに感覚を理解していきたい。
ただ、喉発音のトレーニングをしているのに、口を観察する時点で、そもそもダメなのかもしれない。。。

英語喉 弁当BOX素材読みましょう
http://www.youtube.com/watch?v=piNwNI5yVik

舌きりスズメ Th

Kazさんが「Th」の発音のコツをわかりやすく説明してくれている。

【英語発音】THの発音の仕方 舌きりスズメメソッド【英語喉】
http://www.youtube.com/watch?v=ust3kfqsYbI

とてもわかりやすく、コツがつかめた。理論的なことを文章での説明するのも大事だとは思うけど、こういう動画で感覚的な説明が、スムーズにコツをつかめる場合がある。

喉ゲップ

Kazさんが日本人とアメリカ人のゲップの違いを説明した動画がYoutubeにある。

喉の踏み絵とは
http://www.youtube.com/watch?v=o4McgE7r1qg

この感覚、理解できた気がする。喉発音練習中にゲップが出た時、普段と違う大きな音がお腹の中からドガッっと出てきた感じ。普段のゲップとは全然ちがった。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。